髪を傷めず、汚れのみを洗い流す「酢洗髪」

髪を傷めず、汚れのみを洗い流す「酢洗髪」

 私の美容室ではお酢をお湯で薄めたもので髪を洗う「酢洗髪」をしています。昔から酢
は、まないたの殺菌や、水虫の治療などにも用いられてきました。この酢を使って髪を洗
えば、髪を傷めず、汚れもきれいに落ちるのではないかと考えて始めたのです。
 市販のシャンプーには「合成界面活性剤」が含まれています。これは、食器洗いに使う
中性洗剤や、洗濯に使う合成洗剤などにも含まれているもので、洗浄力は抜群ですが、髪
に必要なタンパク質を奪い、また頭皮を傷める原因になるので、髪によいものではありま
せん。髪を毎日洗っているのに、頭皮がベタつく、という人は合成界面活性剤が多いシャ
ンプーを使っている証拠です。頭皮を守るために必要な油分を界面活性剤がすべて奪って
しまうため、それを補おうとして大量に油分が出てしまっているのです。
 その点、「酢洗髪」は天然の素材だけを使っていますから安全です。最初は髪がベタつ
いたり、フケが出たりしますが、これはいままで頭皮にたまっていたシャンプーや石けん
に含まれる保湿剤などが落ちている証拠ですから、あまり気にせずつづけてください。約
1カ月で毛根が健康になり、3カ月日からはうぶ毛が生えてくるでしょう。

 

http://classy-diva.net/

症例 32才 男性・会社員

【症状と経過】
30才になる前から抜け毛で悩むように。髪のポリュームがなくなったうえに、ベタつく
ように。毛も細くなった。
【酢洗髪をしての経過】
最初の3カ月間はベタつきが残つたが、それ以降は逆に髪がさっぱりするようになつた。
徐々に抜け毛もなくなり、1年半後には髪が太く、ポリュームが出てきた。
【解説】
なかなかベタつきがおさまらなかったのは、薄毛を気にして整髪料などを使いすぎていた
からでしょう。酢洗髪によって頭皮が回復し、健康な髪を育てられる状況に戻つたのです。

「アポカド」の豊富な脂肪酸やビタミンEが髪や肌を生き生きさせる

 アボカドは世界一栄養価の高い果物としてギネスブックにも紹介されています。タンパ
ク質やカロチン、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分がこれほどバランスよく含まれてい
る果物は、ほかに例をみません。
 アボカドは「森のバター」と呼ばれるほど脂質が多く、100g中約19gもの脂質を含
んでいます。じつはこの脂肪が非常に体にいい脂肪なのです。この脂肪の主成分はコレス
テロールの低下作用を持つオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸で、食べてもコレ
ステロールをふやす心配はありません。そのほか、ビタミンCやビタミンEも多く、皮膚
にうるおいを与えるなど、美肌効果も期待できます。
 さらにタンパク質を構成する必須アミノ酸の中で、アボカドに多く含まれるトリプトフ
アンが、肌をきれいにし、毛髪にツヤを与えます。また、末梢神経の血行をよくする作用
もあるため、頭皮の血行を促進し、脱毛や薄毛の改善も期待できます。
このようにアボガドには、肌や髪を生き生きとさせる成分が多く含まれています。肌や
毛髪のトラブルを抱えているかたにはぜひおすすめしたい果物です。